ちょうこくぐ座(Caelum)/星座の基本を学ぼう②

ちょうこくぐ座(Caelum)

Caelum(ちょうこくぐ座)

和名 ちょうこくぐ(彫刻具)
学名 Caelum
略符 Cae
設定者 ラカイユ
概略位置 赤経:4h50m / 赤緯-38°
面積 125平方度
20時正中 1月28日
南中高度 約17°
主な季節
肉眼星数 約20個

ちょうこくぐ座

ちょうこくぐ座(Caelum)は、南天の星座の一つで、その名前はラテン語で「彫刻師」を意味します。以下は、ちょうこくぐ座についての主要な情報です。

特徴

  • 位置: 南天の星座であり、南半球から観測されることが多いです。北半球では観測が困難です。
  • 面積: 125平方度で、88の現代の星座の中で比較的小さい星座です。
  • 明るい星: ちょうこくぐ座には特に明るい星はありません。主要な星は4等級の範囲内にあります。

観測

  • 季節: 南半球では冬から春にかけて観測が容易です。
  • 主な天体:
    • 特に有名な天体はありませんが、淡い星や星雲が観測されます。

神話と歴史

ちょうこくぐ座は、18世紀のフランスの天文学者ニコラ・ルイ・ド・ラカーユによって導入されました。その名前の由来は、ラテン語で「彫刻師」を意味する言葉から来ていますが、具体的な神話と結びついた由来はありません。

観測のポイント

ちょうこくぐ座は、南半球で観測されることが多く、冬から春にかけて観測が容易です。主な天体としては、淡い星や星雲がありますが、特に有名な天体はありません。

ちょうこくぐ座は、その小さな面積と明るい星が少ないため、天文学愛好家の中ではあまり知られていない星座ですが、観測すると興味深い天体があります。

ギリシャ神話では・・・

ちょうこくぐ座(Caelum)は、ギリシャ神話に基づいていない星座の一つです。この星座は、18世紀にニコラ=ルイ・ド・ラカーユ(Nicolas-Louis de Lacaille)によって導入されました。

ちょうこくぐ座の歴史

ちょうこくぐ座(Caelum)は、ラテン語で「彫刻の道具」または「ノミ」を意味します。この星座は、フランスの天文学者ニコラ=ルイ・ド・ラカーユによって1756年に導入されました。ラカーユは、南半球の星空を観測し、新しい星座をいくつか提案しました。これらの星座は、科学、芸術、技術に関連する道具や機器をテーマにしていました。

星座の特徴

ちょうこくぐ座は、小さくて目立たない星座で、南天の星座です。エリダヌス座やはと座の近くに位置しています。最も明るい星でも4等星程度であり、肉眼で観察するのは難しい星座です。

ギリシャ神話との関連

ちょうこくぐ座はギリシャ神話に直接関連していません。ラカーユがこの星座を導入した時期は、科学と技術の発展が盛んな時代であり、彼の星座の多くはその影響を受けています。ちょうこくぐ座は、彫刻や美術に使用される道具であるノミを象徴しています。このため、ギリシャ神話の登場人物や出来事とは結びついていません。

ちょうこくぐ座(Caelum)は、ギリシャ神話には基づいていない星座であり、18世紀の天文学者ニコラ=ルイ・ド・ラカーユによって導入されました。科学と技術の進歩を反映した星座の一つであり、南天の星空にその存在を刻んでいます。


目次
星座名一覧
HOME