きりん座(Camelopardalis)/星座の基本を学ぼう②

きりん座(Camelopardalis)

Camelopardalis(きりん座)

和名 きりん(麒麟)
学名 Camelopardalis
略符 Cam
設定者 バルチウス
概略位置 赤経:5h40m / 赤緯+70°
面積 757平方度
20時正中 2月10日
南中高度 約N56°
主な季節
肉眼星数 約150個

きりん座

きりん座(Camelopardalis)は、北天の星座で、その名前は「キリン」を意味します。以下は、きりん座についての主要な情報です。

特徴

  • 位置: 赤道に近く、夏から秋にかけて観測が容易です。
  • 面積: 757平方度で、88の現代の星座の中で18番目に大きい星座です。
  • 明るい星: 最も明るい星はα星(4.03等級)ですが、比較的明るい星は少ないです。

観測

  • 季節: 夏から秋にかけて、北半球の中緯度地域から観測することができます。
  • 主な星:
    • きりん座には明るい星が少なく、4等級以下の星が中心です。

興味深い天体

  • きりん座には特に有名な天体はありませんが、淡い星や星雲が観測されます。

神話と歴史

きりん座は、17世紀にポーランドの天文学者ヨハン・ヘヴェリウスによって導入されました。その名前の由来は、キリンを意味するラテン語に基づいていますが、特定の神話や伝説とは結びついていません。

観測のポイント

きりん座は、夏から秋にかけて北半球の中緯度地域で観測が容易です。特に明るい星がないため、星座の形を探す際には明るい星座と比較して注意が必要です。

きりん座は、その広い面積と明るい星が少ない特性から、天文学愛好家の中ではあまり知られていない星座ですが、観測すると興味深い天体が見られることがあります。

ギリシャ神話では、

きりん座(Camelopardalis)は、古代ギリシャの神話や伝説とは直接関連がなく、その名前や形が天文学的に命名されたものです。

きりん座(Camelopardalis)の特徴と天文学的な情報

  • 位置と観測
    • きりん座は北天の一部を占めており、広大な領域にわたって広がっています。
    • 主に薄暗い星が散在しており、観測が難しい星座の一つです。
  • 主な天体
    • きりん座には特に目立つ恒星や天体はありませんが、淡い星が点在しています。
    • 天文学的には、銀河団や遠い銀河などの観測対象が存在します。

きりん座(Camelopardalis)に関連する現代の文化と利用

  • 天文学と命名
    • きりん座の名前は、16世紀にヤコブス・バリアンによって命名されました。
    • その名前は、ラテン語で「キリン」を意味する「Camelopardalis」から取られています。
  • 現代の利用
    • きりん座は天文学の観測対象として重要ですが、一般にはあまり知られていない星座の一つです。
    • 天文愛好家や専門家にとっては、観測対象として興味深い領域となっています。

きりん座(Camelopardalis)は、古代ギリシャの神話や伝説とは直接的な関連がなく、その名前と形が現代の天文学によって命名されたものです。このため、ギリシャ神話に基づく物語や伝説は存在せず、主に天文学的な観点から理解されるべき星座です。


目次
星座名一覧
HOME